レーザーの安全性

 

レーザー発振器から放出されたレーザー光は、パワー密度が高いため、適切に取り扱わなければ、人体に有害となる場合があります。日本では、レーザー機器を安全に使用するため、国際電気標準(IEC)の基準をもとに日本工業規格「レーザー製品の放射安全基準」JIS C 6802が規定されており、その危険度に応じてクラス分けをし、安全対策を講じています。

 

THMが扱うYAGレーザーやファイバーレーザーの基本波の波長のレーザー光は、危険の高いクラス4に入ります。

 

レーザー製品のクラス分け

 

 安全クラス 基準
1

設計上、本質的に安全
どのような条件でもMPEを超えないため、特別な安全対策は不要。ルーペや双眼鏡などの補助光学系で集束させても安全。

1M

レーザー光を集束させなければ、本質的に安全
適切に取り扱えば、クラス1と同様で特別な安全対策は不要。ただし、「裸眼では安全と規定されているクラスであり、ルーペや双眼鏡の様な補助光学系を用いて観察した場合、損傷を受ける可能性が有る。

2

安全
可視光(400~700nm)で、低出力のレーザーが規定されているクラス。本質的には、安全ではないものの、偶発的にレーザーが目に入ってしまっても、目の嫌悪反応(まばたき等)により、網膜が保護される。ただし、長時間目に照射した場合は、損傷を受ける為、ビームはのぞき込んではならない。

2M

レーザー光を集束させなければ、安全
可視光(400~700nm)で、低出力のレーザーが規定されているクラスただし、「裸眼では安全と規定されているクラスであり、適切に取り扱えば、クラス2と同じ安全性が確保されているが、ルーペや双眼鏡の様な補助光学系を用いて観察した場合、損傷を受ける可能性が有る。

3R

直接のビーム内観察は潜在的に危険
可視光ではクラス2の5倍以下(400~700nmの波長)、可視光以外ではクラス1の5倍以下(302.5nm以上の波長)の出力が規定されているクラス。補助光学系を用いてビーム内観察をすると障害を引き起こすおそれがある。

3B

直接のビーム内観察は危険

連続(CW)レーザーでは 0.5W以下、パルスレーザーについては 105J/㎠ 以下の可視および不可視レーザーが規定されているクラス。直接レーザー光もしくは鏡面反射光を覗いた場合、危険であり、障害を引き起こす。直接のビーム内観察は絶対に行ってはならない。また、皮膚への照射も避けること。

4

拡散反射光でさえ危険
クラス3Bをこえる高出力レーザーが規定されているクラス。多くの実験用、工業用レーザーがこの部類に入る。直接レーザー光や鏡面反射光を覗いた場合だけでなく、拡散反射も危険とされている。また皮膚やけど、火災の危険を生じる。

 

 

 

レーザー製品使用時の安全予防策

 

JIS6802では使用者への指針として以下が指摘されています。

 

保護眼鏡の着用                  

作業者の目を保護するために、レーザーの発振中は、レーザー保護眼鏡の着用を義務づけてください。

保護囲い

被印字物体やその周辺からの不用意な反射による被ばくを防ぐため、安全性を十分考慮の上、レーザー放射範囲を囲うように、必ず囲いを設けてください。 

 

インターロックシステム

部屋の入り口等に、レーザーとのインターロックシステムの構築をしてください。

 

レーザー光の出射方向

レーザー光の出射方向が作業者またはそれ以外の人にも確認できるよう付属の説明開口ラベルを貼付する等の処置をしてください。

※レーザー製品の設置と危険である表示をしてください。

 

レーザー光の終端

高出力レーザーで加工しますので、加工物体がない場合のことを想定し、加工範囲は不燃性、耐熱性の吸収体または拡散反射体で終端してください。

 

レーザー光の光路

レーザー光の通る位置は、人が座った場合の目の高さより低い位置、もしくは人が立った時の目の高さより高くしてください。偶発的に目にレーザー光が入るのを防止することができます。

※レーザーを直接眼に受けると、網膜障害や眼球内に出血を及ぼす可能性があります。

 

照明

レーザー装置を設置する周辺は、できる限り明るくするようにしてください。

 

保護着衣

レーザー光が皮膚に放射されると火傷になったり、衣服の場合、燃えたりする可能性があります。レーザー光に直接身体がさらされる恐れのある場合は、できるだけ皮膚の露出の少ない難燃焼耐熱性の着衣を身につけてください。

※レーザー光を直接皮膚に受けると、皮膚の深い部位まで火傷を起こす可能性があります。

 

 

 

 

   

  

 

 

無料!サンプル作成致します!

 

Product

  • 用途から選ぶ
    用途から選ぶ 溶接の用途から製品をお選びいただけます。
  • 業界から選ぶ
    業界から選ぶ 業界別から製品をお選びいただけます。
  • 目的別システムアップ
    お客様のニーズにマッチしたシステムアップをご提案します。