マイクロアーク溶接機

マイクロアーク溶接機とは

従来のTIG 溶接機では不可能であった極短時間・微電流制御を可能にした、

いわば「超精密TIG スポット溶接機(マイクロショットアーク)」です。

トーチ先端とワーク(被溶接物)間で約0.5~1.0mm のギャップ(隙間)を設け、

その間にパルス化したアーク電流を放電させます。特にコイル端末の半田レス接合やカテーテル、各種医療器、管球などの

先端の球状加工、パイプ封止加工等に最適です。

 

 

 

 

マイクロアーク溶接機の構成

マイクロショットアークの構成を大きく分類すると電源制御部・トーチ・アースケーブルより構成されます。

電源部はトリガー電圧を発生させて電路を開き、設定された溶接電流をパルス化して通電します。

フィードバック制御によりNG 信号の出力も行います。トーチ先端部には通常トリタン電極を用います。

また、トーチ先端からはアルゴン(Ar)ガスが噴出され、ワークや電極の酸化防止・冷却を行います。

アースケーブルはワーク側に接続します。

 

THシリーズ

 マイクロアーク溶接機が得意とする加工

 

・ コイル端末接合

 

短時間溶接のため、ボビン樹脂に対する熱影響が極めて少なく、
線の細りも最小限におさえることができます。

    

       
     マイクロリレー

・ 曲面や複雑な形状

 

非接触溶接のため、ワークを加圧しなくても溶接が可能なので、

変形や歪みの発生をおさえることが可能です。

 
     電球フィラメント

・ 異種金属

 

タングステン、モリブデン、タンタル等の
高融点材料も容易に溶融可能です。

 
     小型モーターケース

 アルゴンガスの使用により、材料の外観をきれいに保ちます

 

アシストガスとエアの流量を各々設定が可能なため、被膜の燃焼及び材料の外観を保護します。

 

 
          

 パターン通信機能

 

任意波形をパターン化登録した場合、各々のパターンを自由に組み合わせをした、パターン通電が可能となりますので、より精密な溶接が可能となります。

 
      

マイクロアーク溶接機 製品ラインナップ

マイクロアーク溶接機
 

従来のTIG溶接機では不可能であった極短時間・微電流制御を可能にした、いわば「超精密TIGスポット溶接機(マイクロショットアーク)」です。トーチ先端とワーク(被溶接物)間で約0.5~1.0mmのギャップ(隙間)を設け、その間にパルス化したアーク電流を放電させます。

特にコイル端末の半田レス接合やカテーテル、各種医療器、管球などの先端の球状加工、パイプ封止加工等に最適です。

 

> 熱電対溶接機(15A出力マイクロアーク溶接機)
> 30A/100A出力マイクロアーク溶接機
> 50A/300A出力マイクロアーク溶接機
> 低出力用トーチ/高出力用トーチ
> タッチスタート用モーターヘッド

   

  

 

 

無料!サンプル作成致します!

 

Product

  • 用途から選ぶ
    用途から選ぶ 溶接の用途から製品をお選びいただけます。
  • 業界から選ぶ
    業界から選ぶ 業界別から製品をお選びいただけます。
  • 目的別システムアップ
    お客様のニーズにマッチしたシステムアップをご提案します。